2011年4月3日
越美山地

 

 

ガシガシガリガリ・・・

PHOTO GALLERY

今回は、荒島岳。この山も一度登ってみたかったお山。標高差1200mを一気に登ろう。


勝原スキー場跡を登って行く。巻き道が付いているところも直登したから、滑りまくりで最初からえらいしんどい。


リフトの残骸?
冴えない天気だが、空気が澄んでいるのか遠くまでよく見える。


ブナの森に入るが、相変わらずガシガシの雪面。観念してアイゼンを装着。


モチガ壁?
直登ではなく、巻き登る感じ。


急登が続く。


展望が開けてきて、曇っているけどええ感じ。


こんな眺めが続いて素晴らしい。


次から次へと現れる急登。
写真で見る以上に急です。


ジグザグジグザグ


ヨイショヨイショ


先が無いぞ。これで終わりか。


まだまだ。


今度こそ最後の壁か。


やっと着いた。白山がかっこええ。


遠くに鷲羽から穂高への稜線


乗鞍と御嶽山


銀杏峰と部子山


能郷白山と姥ヶ岳


安全にゆっくりと下山。


曇って冴えない天気だったが、稜線を吹き抜ける強い風が、澄んだ空気を運んでくれたのか、素晴らしい展望に恵まれた。
目前に続く急登の壁もダイナミックで登りごたえ十分。

荒島岳、思ったよりいい山だった。



撮影機材

Canon PowerShot G12
Canon PowerShot S95


6 コメント

  1. スロートレック

    穂高まで望めましたか
    最初のショットで、あぁこりゃ春霞かなぁって
    想像したのですが、いい風が吹いたようですね
    もしかして、とりつき、リフト残骸まで直登されました?
    私だったら、それだけでダウンですよw( ̄ー ̄)
    白山最高に美しいです!

  2. 臆崖道

    鷲羽まで見通せましたか。驚きです。
    高曇りのときは、意外と遠望が利くときもあるようです。上層の湿度(雲)と下層の乾いた空気は、分離されている?

    ちゅか、姥は今週末行く予定なんですけど、あんなマイナーなピーク(笑)、よく山座同定できますな。
    とても滝屋とは思えません(どーゆー意味やw)。

  3. “すぎちゃん”

    イマイチな空模様とは言え、これほどの透明度があればさ最高じゃないですか!
    噂にはお聞きしてはいますが、本当にイイ山なんですね~☆☆☆

  4. パンダ

    スロートレックさん

    リフト残骸まで、そのままいってしまいました。帰りに上から見ると、ちゃんとルートがあるのが、一目瞭然でしたけど、下からでは、よく分かりませんでした。
    白く大きな白山は、とても印象的でした。

  5. パンダ

    臆崖道さん

    山座同定は、もちろんカンニングです。
    曇っているのにクッキリしているといいますか、遠くまで見えたのは、不思議でした。
    この後、日が差してきたんですが、そうすると近くは別にしても遠くの方は、途端に白っぽく霞んでしまったんで、大気中のちりなどの反射の影響かもと感じました。

  6. パンダ

    すぎちゃんさん

    本当によく見えて最高の眺めだったんですが、とにかく山頂付近は凄い風で、今回は寒くてあまり滞在できませんでした。
    当日は、「ええ山やなあ」を連発しまくりでしたし、このあたりの山にももっと行きたいと思いました。

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。