2011年7月24日
蓮川 布引谷




蓮の大瀑・・・


PHOTO GALLERY

宮川の翌日は、もとなかさんと蓮にやってきた。車が二台あるので、平瀬橋に一台デポして、ダムの巡視路から布引谷へ入っていく。

下には、豊かな水量の滝が連続してかかり、勢いのある姿に心が躍る。ジャブジャブと流れに入って堰堤を越えていくと、両岸が立つ暗いゴルジュに突入、直ぐに最初の美しい滝。



左の壁を伝えそうにも思えるが、落ちたらやばいので、右岸の壁を直上して巻いて行く。最近、こんなところをフリーで越えるのが、とても怖い。

次の滝も迫力があり、そこから流れていく水がとても美しい。



ここも垂直の壁に囲まれて、全く越えられないように思えるが、前回来たときもあった右岸によりかかる木が健在。今回もこの木を利用して登った。

滝上へ出ると、谷に光りが差してくる光景が感動的。



明るく広がった谷は、変化のないゴーロ歩きが続くが、やがて傾斜が増してくると水が躍動し、その光景を前に自然に笑みがこぼれてくる







そして、右岸から流れが幾筋も出合ってきて、このあたりが布引谷でも最も美しいところかも。





突き当たりには、落口に大岩が詰まるあの素晴らしい滝。





岩をすり抜けた水が、直ぐしたで合わさって爆裂、岩溝を割って落ち、美しい水を湛える壺へと注いでいく。





右岸から簡単に越えて、次に目指すは、布引滝が遠望できる伐採地。水から離れると暑いし、ヘロヘロになって到着。

実際には、かなり遠いが、ゆったりと落ちる眺めが大瀑の風格。



かなり風が吹いているのか、太い流れが右に左にとダンス。





最後は、また谷へ降りて布引滝へと迫っていく。前衛滝の下から見る布引滝は、最高のかっこよさ。





前回は何でもないと思った前衛滝の左岸越えも、何故か足がすくむ。慎重に進んで大滝下に到達。

やはり、もの凄い爆風で、これぞ布引滝の洗礼とばかりにたちまちびしょ濡れ。





ここから、右岸を適当に登って道に出て、平瀬橋へと下山。

久しぶりの布引谷は、変わることなく素晴らしかった。行く前は、前に行ったしと、正直少しテンションが下がるが、谷に入ると、たちまちその魅力に引き込まれてしまう。いいところは、何度行ってもいいのかもしれない。

もとなかさん、どうもありがとうございました。



撮影機材

Panasonic Lumix DMC-GH2
LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ASPH./MEGA O.I.S.
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

Panasonic Lumix DMC-FT2

6 コメント

  1. モト中

    案内していただきありがとうございました。

    パンダさんの日記を見てこの日の思い出(メモリー)が甦りました。

    ぼくは失った記憶を取り戻しに行きたいです(笑)

  2. K2

    こんばんは。

    布引谷、やはりいいですね・・・来季はルートを教えてください。
    実は私、今季は櫛田川上流漁協の年券を購入して釣りに通っており
    3月末に蓮の江馬小屋谷を源頭まで詰めましたが、
    地形図を見ながら、たくさんの沢群に想いを馳せております。
    櫛田本流の源流部にある木梶三の滝も有名ですね。

  3. パンダ

    モト中さん

    失った記憶、ほんとうに残念でしたね。
    取り戻しや新たな思い出を作りに、また行きましょう。

  4. パンダ

    江馬小屋、いいですね。
    ここも行きたいリストに入ってます。

    布引谷は、道からもアクセス容易ですし、残置ロープもあったりして、お魚さん的にはどうでしょうか。

  5. “すぎちゃん”

    「いいところは、何度行ってもいいのかもしれない。」
    おっしゃる通りですね。
    同じ場所でも同じシーンは二つとない。
    だから新たな感動に出会いたくまた行ってしまうのでしょう。
    布引滝、美しいですね!

  6. パンダ

    すぎちゃんさん

    そうですね。
    同じ場所でも違うシーンと新たな感動。
    これからも、そんな瞬間を追い続ければと思います。

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。