2011年8月21日
滝川 カリヤス谷




大峰の作品群・・・


PHOTO GALLERY

カリヤス谷、磨き抜かれた岩に囲まれた壮絶なゴルジュは、とても近づけそうになく、憧れ続けて何年経っただろうか。またまたキンゴさんに誘っていただき、そんな谷に入る日がやってきた。

カリヤスと言えば、誰でも知ってる笹の滝。スタートは、この滝の巻きから。





ところが、興奮しすぎたのか、飯を食い過ぎたのか、吐き気と呼吸が苦しくて絶不調。何度も帰ろうかと思いながらも、なんとかなんとか乗越地点に到達。懸垂からかかっていたトラロープを頼りに滝上に降り立ち、ようやく少し落ち着くことができた。



さあ行こうと左岸から巻いて行くと、見えてくるのは、笹の滝の上にかかる滝で、迫力満点。







そして、降り立ったところは、ホホゴヤ谷の出合。ホホゴヤ谷からカリヤス谷に注ぐこの滝は、ローソク滝などとも呼ばれ、今回、最も期待した滝。

圧倒的な岩盤を割って落ちるその姿は、まさに大自然の作った造形美。迫力があるのはもちろんだが、落ちてくる美しい水を見ていると何故か優しささえ感じてくる。





さらに複雑なルートをこなしていくが、近づけそうにないもの凄い滝に目を奪われる。





谷が少し穏やかになったところで休憩。キンゴさんが沢の恵みを仕留めてくれて、後でごちそうしてくださったが、これがめちゃめちゃうまかった。





この後は、四ツ滝と呼ばれる連瀑帯、滝を縫うように巻き進んでいくが、もうその素晴らしさにずっと口あんぐり状態。美しい釜、躍動する透明な水に吸い込まれていく。











ここを抜けると穏やかな癒し渓になるが、降りだしていた雨が、ありえへんようなもの凄い雨に。もうどうでもええわという感じで突き進むと、湧き水が滝となって何本も注いでくる。これまた不思議な幻想的光景。









その上にも湧き水の溢れる素晴らしい空間があって、ここで泊したらさぞかしいいだろうと、早くも次回の妄想。



止むことのない雨に谷が暗く陰湿になってくるが、現れた夫婦滝の素晴らしさにまたまたびっくり。奥八人谷から注ぐ滝も大迫力で、広い空間に二つの滝が落ちてくる様は、本当に我を忘れるほどの素晴らしさ。







がぶんたさんとひこさんと私は、もう大はしゃぎ、滝に打たれたり潜ったり楽しさ全開のフィナーレになった。











左から巻き上がったところで飯タイム。複雑で難しいと言われる下山もキンゴさんの的確な地図読みで、ほんみち教さんの施設を通らずに林道に降り立った。

キンゴさんと滝本でご一緒していただいたときに「カリヤスに行きたい」と言っていたが、早くもそこに導いていただき、感謝感激。また必ず来たくなるような素晴らしい谷と素敵な沢旅だった。

キンゴさん、めぐわんこさん、えのっきーさん、ミンミンさん、そして、がぶんたさん、ひこさん、どうもありがとうございました。



撮影機材

Panasonic Lumix DMC-GH2
LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ASPH./MEGA O.I.S.

Panasonic Lumix DMC-FT2

10 コメント

  1. ふぇるめーる

    パンダさん

    こんにちは
    遅くなりましたが、先日は喜平小屋谷、千石谷にお連れ頂きしかも想像以上のすばらしい滝に出会うことができたこと、大変喜んで感謝しております。ありがとうございます。
    まさしく台高の奥庭、自然度も抜群でした。

    また難路のカリヤス谷遡行、お疲れ様でした。ハイライトの四滝もすばらしい釜と岩で構成されており、大変興味深く拝見いたしました。
    急峻な谷のゴルジュと廊下、水の透明度、大峰の沢って言う感じですね!

  2. K2

    どうもです。

    パンダさんの写真に「沢の恵み」はお初ですね。
    焚火で焼くのはもちろん、素揚げにして塩やポン酢で食すのも最高ですよ。

    カリヤス谷、いいですねえ。
    独特の色の白っぽい岩と柱状節理が織り成す難しそうな谷ですね。
    確かに、ホホゴヤ谷出合いの岩盤の割目を落ちる滝は荘厳というか幽玄な姿です。

  3. “すぎちゃん”

    滝川、その名の如く素晴らしい滝の連続じゃありませんか!
    独特の岩肌がとても美しいです。
    恵の雨だったかも知れませんね?

  4. パンダ

    ふぇるめーるさん

    先日は、こちらこそありがとうございました。
    喜平小屋谷大滝は、素晴らしかったですね。

    カリヤス谷は、見所満載で、またゆっくりと撮影に行きたいと思っています。機会があれば、ぜひご一緒しましょう。

  5. パンダ

    K2さん

    当日は、素揚げと塩でいただきましたが、そのうまさに本当にびっくりで、ひこさんにこれから釣り班をしてくれるよう思わず頼んでました。

    巻きルートには、けっこうトラロープがあって、釣り屋さんもそこそこ入ってるような感じでした。

  6. パンダ

    すぎちゃんさん

    やっと行けたカリヤス谷は、期待以上の素晴らしさでした。
    ほんとうにありえへんような凄い雨だったんですが、それでも思い切り楽しめました。
    またいつの日か晴れのカリヤスに行きたいです。

  7. ヒロ

    素晴らしい渓相ですね~
    岩が良いですね。
    まさに沢のぼりに最適な谷という感じですね。
    アマゴはみなさんで分けて食べられたのですか?
    焚き火で焼いて食べられたことと思いますが
    最高でしたでしょ!
    私は沢のぼりをする前は渓流釣りのために源流に
    入っておりましたので、アマゴやイワナが大好きです。
    最近は釣りはやめましたけどね。
    大峰~台高も以前と比べると魚が激減した気がします。

  8. キンゴ

    滝本はピーカンで、カリヤスは大雨。
    どちらも楽しかったけれど、アメフリャーの魔力は絶大ですね^_^;
    良い渓は、何回行っても良い渓です。
    また、パンダさんの雄叫びを聞きたいな(^_-)

  9. パンダ

    ヒロさん

    そっか、ヒロさんも以前は渓流釣りをされたんですよね。
    私は、海釣りをかなりやってたんですけど、渓流には縁がありません。
    でも、みんなで食べたアマゴは、本当にびっくりするくらいうまくて、ちょっと考えようかなんて思っています。

  10. パンダ

    キンゴさん

    雄叫びは、よく覚えてないんですが、滝前ではけっこうやっちゃいます。
    後半のありえへんような大雨も、気にならなかったというか、めちゃめちゃ楽しかったです。
    でもこの後、アメフリャーのパワーが最低まで落ちて、雲のかけらさえない青空の一日があったりしました。

    どうもありがとうございました。

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。