2011年9月18日
宇賀川 蛇谷




滝また滝・・・


PHOTO GALLERY

今回は、がぶんたさん、嫁さんと蛇谷に突撃。出合から見えた蛇谷は、とても魅力的に見えたし、情報を探っても結構絶賛されていて、期待に胸をふくらませて出発。



魚止滝に降り立つと直前まで降っていた雨のためか水量多い感じ。





水が多くて、滝を乗り越える時にがぶんたさんと嫁さんは、もうすでにびちゃびちゃ。嫁さんなんて途中でドボンして早速泳いでるしで、前回より苦労して燕滝に到着。

あんなに綺麗だった燕滝の壺が、今日は濁りが入っているのか、あまり綺麗ではないのが残念。



蛇谷に入って最初の滝を左岸から越えると、前回燕滝を越える時に下部が見えた期待の滝下。



突然現れたような豪瀑に歓声を上げるというより、悲鳴に近い雄叫びを上げる。もの凄い迫力で素晴らしいとしか言いようがない。飛び出す瀑水が容赦なく降り注ぎ、そこは全く逃げ場が無く一眼での撮影も断念。





巻きは右岸から、木の根がしっかりあり問題なさそうだが、高さがあるので念のためロープを出して二人に続いてもらう。上に続く連瀑帯も素晴らしく、この辺りの滝が五階滝と呼ばれる滝群だろうか。











そして、歩いて通れるはずが、水が多くて淵になっている。両岸立ったゴルジュに逃げ道はなく、覚悟を決めてス〜イスイ。



チョックストーン二条滝は、真ん中から登って左の滝頭を越えるが、ここも水量が多くて、水に洗われる二人をヨイショと引っ張り上げた。





次の滝は、左のバンドから越えられるらしいが、ここも水が多くて上部がちょっとやばそう。



無理せずに巻こうと左岸から行くが、かなり立っていて失敗やったかも。ロープを出して登って、懸垂で降りる。嫁さんは、初懸垂下降。家でちょっとでも練習しといてよかった。

この後も滝滝滝〜と続いて、これでもかと楽しませてくれる。

















竜ヶ岳まで登りたかったが、なんやかんやで時間も押してきて、右岸から枝谷が入るところで旧道があったらしい尾根を登って中道に逃げて帰還。

濁りが入ってたのか、前回のような素晴らしい水色は見ることができなかったが、全身に水を浴びてのワイルドな沢登りを満喫した。

がぶんたさん、どうもありがとうございました。



撮影機材

Panasonic Lumix DMC-FT2

4 コメント

  1. “すぎちゃん”

    水量が増してスリルある遡行を楽しめたようですね!
    沢も決して同じシーンは二つと無いのかも知れません。
    だからまた行きたくなるのでしょう。
    降り注ぐシャワーを感じます!!

  2. パンダ

    すぎちゃんさん

    水が多いと遡行は難しくなりますが、暑い時に水と戯れるのは、やっぱり気持ちいいです。
    新たな出会いや違う感動、山も沢もこれがあるから止められませんね。

  3. がぶんた

    こちらこそ、ありがとうございました!
    踊り狂う滝滝に、大興奮の一日でした\(^o^)/

    初めて奥様にお会いできたのが嬉しかったです!
    またどうぞ、よろしくお願いいたします☆

  4. パンダ

    がぶんたさん

    嫁さんもがぶんたさんと一緒に行くことができて喜んでました。
    次から次へと現れる素晴らしい滝達に会うことができ、本当に大興奮の一日でしたね。
    来シーズンがまた楽しみです。

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。