2011年10月2日
石水渓 矢原川




鈴鹿一の大滝・・・


PHOTO GALLERY

四週目の鈴鹿は、嫁さんと大滝を見に行くことに。曼珠沙華の咲く坂本棚田から林道を歩いて矢原川に下降。



何本か支流が出てきて左俣目指して進むが、水量が少なく間違ったかもと何回も確認する。



やがて滝が見えてくるが、やはり水が少ない。



この滝は、ロープが何本も張られている左の壁を登る。大きな問題はないが、かなり急傾斜。





そしてナメ状の斜瀑をヒタヒタと登ると下不動滝の登場。



たしかにでかくて100m級だ。でもあまりに水量が少なく、ショボショボで期待はずれ。



右から巻いて、連瀑帯を越えていくと上の方に上不動滝が見えてくる。







もちろん、上不動滝も水量が少ないものの綺麗な滝で、下の方で飛び出すような流れも面白く、ゆっくりとくつろぐ。



ここからは、さらに水が少なく面白くないだろうと、尾根に出て仙ヶ岳を目指すことに。左から巻いて宝印のコバ。



さらに踏み跡を尾根目指して登ると不動祠。



南尾根と呼ばれるこの尾根は、決して巻くことなくアップダウンを繰り返して進んでいくので、なかなかしんどい。でも、前方に次々に現れる岩のピークがかっこよく、広がる展望が何より気持ちいい。







そして、仙ヶ岳頂上。お山に登るのは、4月の越前甲以来。



帰りは、仙鶏尾根を東にとり、野登山の林道から登山道を下って坂本の棚田に戻った。





鈴鹿一の大滝は、ちょっと残念な結果だったが、水量の多い時は、迫力の姿を見せてくれるのだろう。それでも、久しぶりに二人で山に登ることができ、なんとも爽やかで満足な一日だった。



撮影機材

Panasonic Lumix DMC-FT2
Panasonic Lumix DMC-FT3

9 コメント

  1. “すぎちゃん”

    沢シーズンから山シーズンへの季節の移ろいを教えてくれるかの山行ですね。
    この日から既に何座かは登られたことでしょう!
    本格雪シーズン、楽しみましょうね☆☆☆
    そしてどこかで再会出来る日を楽しみにしています。

  2. パンダ

    すぎちゃんさん

    それが全く登れませんでした。
    この後も滝、沢、滝、沢・・・と12月4日までがんばったので、次に登ったのは11日の八経でした。

    いよいよ雪シーズンでワクワクですね。
    はい、再会を楽しみにしています。

  3. しゃけ

    お久しぶりです。下不動滝まで行くのは熟練者で
    なければかなり困難なのでしょうか。

  4. パンダ

    しゃけさん

    ごめんなさい。
    コメントが何故かスパム扱いになってて止まってました。
    もう遠征が終わってしまったかもですが、下不動滝へは、熟練者でなくても行けると思いますが、傾斜の強いところがあったと思います。

  5. しゃけ

    お疲れさまです。遠征の一番初っぱなで
    矢原大滝にチャレンジしました。迷いに
    迷って、結局3時間も要してしまいました。

    一の滝の巻きが厳しかったですが、水量に
    恵まれた姿を見ることができたのはラッキー
    でした。

  6. パンダ

    しゃけさん

    そうですか、がんばりましたね!
    時間がかかったとはいえ、いい状態の滝を見ることができたようで何よりです。

  7. しゃけ

    ありがとうございます!今度ご褒美で
    小木森滝に連れてって下さい!

  8. パンダ

    しゃけさん

    お〜っと、そうきましたか!
    さしあたって小木森への予定はありませんが、また行くときは、ご一緒しましょう。

  9. しゃけ

    そうきます(笑)ぜひ再訪問される時がありましたら、お声掛け下さいませ!

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。