2012年3月20日
鈴鹿山脈




福と寿・・・


PHOTO GALLERY


なにも考えずに聖宝寺道から登り出すが、大きく山抜けしてたりで、途中歩きにくいところがあった。自然林が出てきて大貝戸道と合流、今日は、黄色い花が見たくて、一生懸命探しながら歩くが、どうも咲いてない感じ。



嫁さんが、「あっ、これ」と何か見つけるが、まだ堅い蕾で残念。





半ば諦めながらも歩いて行くと、日当たりの良いところに黄色いのが見えて、思わず歓声を上げる。まだ開いてない花が多いが、出会えただけで十分だ。







雪が出てきたので、ヨイショ、ヨイショと直登して藤原岳山荘に到着。





ここからのんびりと藤原岳山頂へと向かう。やや春がすみっぽいが、天気がいいので気持ちが良い。



山頂から、もとなかさんのiPhoneアプリで山座同定してみるが、微妙にずれているかも。





山荘へ戻って、次に目指すは天狗岩。稜線の直登ルートを行こうと(間違えただけ)、人の歩いてない斜面からショートカットするが、油断禁物。

















アップダウンを経て天狗岩に来ると、少し高度感があって良い眺め。



北東に向きを変えて正規ルートに戻って、お次は、鉄塔のある頭蛇ヶ平。






尻セードで斜面を降り、木和田尾に乗ったつもりが、その尾根はどんどん急になってくるしで、どうも間違えたみたい。



ところが、足下に赤い芽がいっぱい出てきて、これはなんの芽だろうか。



そして、その下には、踏まずに歩くのに気をつかう程の黄色い花。まだ殆ど蕾で開いてないが、きっとここへ導いてくれたに違いない。







適当に斜面を登ると、明瞭な道が横切り、後はこの木和田尾を降るだけ。途中、二本の木に枝が積んであって、これまたなんだろうか。



2012年3月、噛みしめるように慈しむように歩いた山が終わった。まあ、そんな大げさでは無くいつものようにゆったりと楽しい山歩きを楽しんだ。

でも、しばらく山に行くことができそうに無いし、わが家にとって大きく事が変わろうとしている今、どうしてもその花に会いたかった。そして、それは何よりの贈り物・・・

もとなかさん、どうもありがとうございました。



撮影機材

Panasonic Lumix DMC-GX1
LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm/F3.5-5.6 ASPH/POWER O.I.S.

Canon PowerShot S95

8 コメント

  1. がぶんたき

    まだ聞いた時の衝撃が忘れられないです。

    今年の冬は、たくさんご一緒させていただけて嬉しかったです!
    今度は滝さんが呼んでますね(●^o^●)

  2. もとなか

    天狗岩の僕の写真かっこいいですね笑

    大地から突き出た蕾たちも最高の表情で出迎えてくれた花たちも一緒に春の訪れを喜んでくれてましたね。

    滝シーズンの幕開けにご一緒出来ず残念でしたが
    ブログで拝見させていただきます。
    楽しみにしております。

  3. “すぎちゃん”

    「2012年3月、噛みしめるように慈しむように歩いた山が終わった。」
    お気持ちが伝わって来ます。
    新生活いかがでしょうか?
    ご夫婦での新しいレポを楽しみにしています。
    頑張って下さいね!

    ※長い間、海外とは縁がなかった私ですが、会社負担でパスポート・・・
    どうなることやら・・・
    「そこに山はないんです。」

  4. 渓慈

    パンダさん、ご無沙汰です。

    そちらは、ライブと記事のタイムラグがありますが、
    ライブではもう水と戯れておられる頃でしょうか?

    当方、一昨年の9月下旬以来の前鬼に行ってきました。
    やや渇水でしたが、やはりあの場所は素晴らしいと、感動を新たにしました。
    なんと言っても、私が渓にカメラを携えて、前鬼に初めて行くきっかけとなったのは
    5年ほど前に貴殿のHPの写真の魅了されたのが所以ですので。

    何やら生活に大きな変化がおありのようですが、
    一パンダファンとして、応援しております。
    どこに行かれても、ネットはつながっておりますので
    これからも、パンダさんの写真を楽しみにしております。

  5. パンダ

    がぶんたきさん

    本当に清五郎から冬山まであちこち行きましたね。
    またいっぱい行きましょう。

  6. パンダ

    もとなかさん

    この日のもとなかさんは、いつものベビーフェイスではなく、ひげ面が山男風でなかなか似合ってましたよ。

    滝開幕は別行動でしたが、あの滝へ突貫した一日は、一生忘れることが出来ません。

  7. パンダ

    すぎちゃんさん

    え〜、海外ですか。
    山が無いとは・・・
    短期出張等であれば良いのですが。
    私は、幸いにして山に囲まれています。

  8. パンダ

    渓慈さん

    ご無沙汰しています。
    前鬼に行かれましたか。やっぱりあそこほど綺麗なところは、無いですね。
    新天地で、綺麗といわれる二本の渓で遊んできました。たしかに綺麗なんですが、紀伊の沢で度々出会う感嘆の声を上げるようなシーンはありませんでした。

    いつも応援ありがとうございます。
    いろいろありまして、アップはかな〜り遅れていますが、これからもがんばって続けて行きたいと思っています。

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。