2012年11月25日
宮川大熊谷東俣谷 美濃谷 薗川 



紅そして碧へ・・・


PHOTO GALLERY


今シーズンの滝行も最終章。ひこさん、まいさん、もとなかさん、いつものメンバーが集まってくれた。目指すのは、大熊谷支流の東俣谷。そう夢幻と呼ばれるあの滝がある。

ここも先週にもとなかさんが調査してくれていて、良い感じになっているだろうと期待を込めてスタート。



空は真っ青に晴れ渡っているが、まだ光の届かない谷底は、肌寒くて暗い。



腰折滝を巻いて、不動滝が登場するが、止まらずにそそくさと巻いていく。





不動滝の落口に立つと、ようやく明るくなってきた谷と美しい紅葉にみんな笑顔。





水面にゆらゆらと揺れる秋色が美しく、それは、青空が覗く上流へと続いていて、これから起こるであろう最高の瞬間を予感させる。





そして、夢幻滝。光が降り注ぐ明るく開けた空間に、天から淀みない流れが滑り落ちてくる。両翼に紅葉をまとった大きな滝風景が最高の贅沢。







鮮やかな秋の色と紺碧と呼びたくなるような空、その華やぎとは裏腹に、澄み切った碧は、もうそこまで冬が来ていることを告げているのかもしれない。





十分に楽しんだので、戻って不動滝を見に行こう。不動滝も光を浴びて、夢幻に負けない程に秋を輝かせていた。







腰折滝も往きとは全く違う明るい表情。



この後、六十尋滝に行ってみたが、完全に陰になっている上に紅葉も終わっていて残念。足下を埋め尽くした落葉がとても寂しい。



最後に滝頭不動滝。期待以上に見事な滝姿で、なかなか良い雰囲気。紅葉も美しく、今度来るなら日が当たりそうな午前中に来よう。



4月のサスケ滝から滝頭不動滝まで、環境が変わったこともあり、本当によくがんばったと思う。今日の会心の滝行をはじめ、どの滝との出会いも珠玉の1ページ。それに優劣を付けることなど私には決してできない。

ひこさん、まいさん、もとなかさん、どうもありがとうございました。



撮影機材

Panasonic Lumix DMC-GH2
LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6 ASPH/POWER O.I.S.
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

Panasonic Lumix DMC-FT4

8 コメント

  1. まい

    青空と紅葉と虹がほんとに綺麗でしたね!
    水に映る赤も全部が素晴らしかったです^^
    素敵な時間をみんなで過ごせて幸せです。
    ありがとうございました。

  2. もとなか

    みんなでワイワイと楽しい滝行でシーズンを締めくくる事が出来て本当に良かったです。
    一人では気付けない事を発見出来たりして、仲間がいるありがたさを再確認しました。

    来シーズンも移動が大変とは思いますが、一緒に紀伊半島の滝と谷を巡らせていただけると嬉しいです。
    特に今シーズンは出来なかった沢泊は来シーズンこそは決行したいです。
    ありがとうございました。またよろしくお願いします。

  3. COOPER

    パンダさん、こんばんは。

    滝行最終章に相応しく、今が11月かと錯覚してしまいそうな素晴らしい滝と紅葉ですね!
    落差は50mほどでしょうか、結構な落差があるように見えますね。迫力があります。

    僕も2月に氷瀑を見に行く予定で、初めてヘルメットをゲットしましたw
    今年は少しでも沢に近付ければと思っています(^^)

  4. パンダ

    まいさん

    シーズン最後をみんなで楽しめて、本当にいい一日でした。
    これからもよろしくお願いします。

  5. パンダ

    もとなさん

    本当に良い仲間がいて幸せです。
    また、もとなかさんの調査のおかげで、バッチリといい状態の滝を見ることができました。ありがとうございました。

    滝も山も雪も泊も、また一緒に楽しみましょう。
    これからもよろしくお願いします。

  6. パンダ

    COOPERさん

    ヘルメットをゲッチュされたんですね。
    禁断の領域に足を踏み入れて、戻れなくなるかもです。
    今シーズンは、氷瀑もちょっと不安定なようですが、良い氷結状態を見られるといいですね。

  7. “すぎちゃん”

    見事な紅葉にうっとりです。
    今の時期に秋の景色を見れば凄く冬以外の季節が恋しくなってきます。
    冬のフィナーレを楽しみ、
    新緑
    夏の眩しい太陽
    そして燃えるような秋
    巡るめく季節が日本のいいところ。
    美しい日本に感謝ですね!

  8. パンダ

    すぎちゃんさん

    四季折々に美しい日本。どの季節も変わり目には、何故か寂しさを覚えてしまいます。でも、そこが良いところなのかもしれませんね。

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。