一歩前進谷川岳

2014年1月25日 谷川連峰 見えたよ・・・ PHOTO GALLERY 昨シーズン何も見えなかった谷川。今回もかなり微妙だが、はんぺんさん、ゆかちゃん、それにたっくんさんとおさるさん夫妻が集まってくれるというし、ひょっとしての期待を込めて出撃。 ロープウェイを降りたときには、空にまだ青色があったが、しだいに薄雲に覆われて何とも明暗差のない眺めになってくる。 「空と稜線の境目が分からない」なんて言葉が飛び交いながら、ゆっくりと登っていく。ファインダーのないカメラでは、何もかもがフラットに見えるようだ。 熊穴沢避難小屋は、雪の中。...

Read More

風受けて天狗岳

2014年1月19日 八ヶ岳  山乾き・・・ PHOTO GALLERY 唐沢鉱泉の朝は、とても寒かった。唐沢を渡って森の中を行くが、依然として空気が冷たい。氷点下18度位だっただろうか。 天気がちょっと微妙だったが、黒百合平に着く頃には、青空が広がってきていい感じ。 見上げると、風に押された白いふわふわが、次から次へと通り過ぎていき、どうやら上空は、かなりの風が吹いている模様。 早くもガイド登山らしき一行が降りてきて、小休憩中の私ともとなかさんを取り込むように円陣を組んでいく。...

Read More

逍遥北八ヶ岳

2014年1月12-13日 八ヶ岳  白き森を探して・・・ PHOTO GALLERY ロープウェイの駐車場から見上げる空は、ドの着くピーカン。ロープウェイを降りても、ドの着くピーカン。 抜けるような冬空の下、冷たい空気を感じながら散策開始。 縞枯山荘の風力発電だろうか。電子シャッターを切ると羽が曲がって面白い。曲がって困ることも多いだろうが、電子シャッターの威力は、とても凄い。 前回、雨池峠から見上げた雨池山の輝きは、今日も健在。 それではと、白い山頂目指して登っていく。...

Read More

晴れたよ明神平

2014年1月2-3日 台高山脈 大外れ・・・ PHOTO GALLERY 大又の林道は、雪の重みで折れたらしい大きな木で塞がれていて、奥の駐車地まで上がることができなかった。しかたがないので、途中に駐車して歩き出す。 ザクザクの雪に最初からアイゼンでいくが、フワッとではなくグスッと沈む感触で歩きにくい。 明神滝を越えると森が白くなってくるが、きらめく妖精というよりは、着雪が目立つ。 ついていたトレースは、途中から何時もと違う方向へと続いていたが、それを辿って尾根を急上昇。 青空が見えてきて、テンションアップ。...

Read More

冬麗らか武奈ヶ岳

2013年12月31日 比良山地  行く年想って・・・ PHOTO GALLERY 坊村は、しっとりと雪化粧。前回登った2011年3月の時ほど白くはないが、いい雰囲気。しかし、凍結したアスファルトの上を歩くのは、とてもデンジャラス。もとなかさん、嫁さんの三人で大騒ぎして通過。 踏まれた登山道は、アイゼンが良く効き快適。おまけにポカポカ陽気で暑く、春を思わせる。 柔らかい日差しが降り注ぎ、白い木々にいつものように足が止まる。霧氷というより着雪が主だが、それはそれで美しい。...

Read More

奮闘北八ヶ岳

2013年12月22-23日 八ヶ岳  北八をなめるな・・・ PHOTO GALLERY もとなかさんの初雪山テント泊が、まさかこんなことになるとは、ロープウェイを降り立った時には、夢にも思わなかった。 先ずは、北横岳へと歩いて行く。晴天とはいかないものの、時折青空が覗いてくれて悪くない感じ。 二人並んで何を撮ってるのか。 二人並んで何でこんな格好になってるのか。すかさず、もとなかさんに激写されていた。 ガスが漂ったり晴れたり、空が目まぐるしく様子を変える。...

Read More

小遠見山

2013年12月8日 北アルプス  ガス晴れて・・・ PHOTO GALLERY 7日の土曜日、もとなかさんとああだこうだと行き先の打ち合わせが忙しい。ヤマテンでは、南ア、中ア、八つは晴れ。北アは少し微妙で、飛騨側の天候回復が遅れるらしい。南ア烏帽子岳に日帰りで迫れるチャンスかと思ったが、遠見尾根から聳え立つ北アを見に行こうということになった。 テレキャビン、さらにリフトに乗り、一気に標高を稼ぐ。ずっとガスガスで視界が悪く、リフトを降りても、それは変わらない。...

Read More

硫黄岳で開幕

2013年11月30日 八ヶ岳  眩しき稜線・・・ PHOTO GALLERY 11月末、八ヶ岳は、それなりに積雪していると思っていたが、桜平も既に白くなっていた。気温は氷点下10度くらいか、顔にあたる冷たい空気が、冬の訪れを感じさせる。 夏沢鉱泉までは、広い道を行く。沢を覆いだした氷は、どこまで成長するのだろうか。 夏沢鉱泉を過ぎると道は細くなり、緩やかに高度を上げていく。やがて、光りを透過させた儚い霧氷が見えだし、枯れてしまったはずの木々が、美しく蘇ったよう。 オーレン小屋の分岐は、東へと進み、夏沢峠を目指す。...

Read More

秋の終わりは、紀伊の滝

2013年11月23-24日 唐子川大平谷 往古川狸谷 相野谷川中ノ谷 楊枝川 終わらない滝旅・・・ PHOTO GALLERY 紅葉滝も終盤。もとなかさんと目指すのは、紀伊半島南東部。 大内山グリーンパーク奥へと車で入っていくと、ちょうど小滝と呼ばれる滝前で道が終わっていた。まだ日が差さない小滝を見送り、30分程の歩きで、先ずは大滝へ。 下から見上げる大滝は、高さを感じるが、ちょっと水量が少なく、予想したとはいえ残念。それに対して、紅葉の鮮やかさは申し分なく、バックの秋空も青く澄み切っている。 小滝へ戻れば、こちらも見事な紅葉。...

Read More