落書き

紀伊半島の滝

赤倉谷

2017年11月26日 南紀 尾川川 赤倉谷 綾なす… 北又谷の翌日は、紀伊半島東海岸を南下して熊野へ。赤倉谷といってもピントこないかもしれないが、コアな滝メグラーには三ツ滝として知られていると思う… 荒れた谷筋の道跡を適当に進んでゴーロを行けば、一の滝。遠くに少し紅葉が見えるが、水量的なこともあって普通な感じ。...
奥山谷

奥山谷

2017年7月8日 南紀 和田川 奥山谷 沢登り 予想以上… いや〜ここは遠い、とにかく遠い。 大阪から眠たくボーッとする頭で運転して、ようやくという感じでホイホイ坂林道に入って行く。 ホイホイ坂林道も長く感じるが、ここまで来てショックなことに途中で林道が埋まっていて、入渓点として考えていた大橋までは車が入らなかった。 まあ仕方がないと、臆崖道さんと二人で大橋まで歩く。 大橋から沢に降りて遡行開始。 水は極めて透明だが、なんか流れが浅くてショボイ。 今回は水量が期待できそうと、それを狙って来たが、う〜ん。...

クラガリ又谷

クラガリ又谷

2017年6月3日 台高 小橡川 右又谷 クラガリ又谷 沢登り アカルミ… クラガリ又谷は、その名のごとく入口から直ぐに連瀑となっている暗いゴルジュがあるが、これが有るためかどうか、かつての伐採を逃れた美しき渓らしい。 もちろん、そのゴルジュは手に負えないので、入口からも見えている最奥の滝前まで左岸から大きく巻き越える。 40mとされる大滝は噂どおりに寛げる良いところ。 小さいながらも美しき滝壺を持っていて、これは予想外で嬉しい。 滝を滑り降った水は滝壺から溢れ、ナメを降ってゴルジュに吸い込まれてゆく。...

しっとりと前鬼川

しっとりと前鬼川

2017年5月4日 大峰 前鬼川 沢登り 代表… 前鬼川 大峰の孔雀岳から釈迦ヶ岳あたりを源とするこの川は、大峰を代表する美しい渓であり、それだけでなく、美渓という点において日本を代表するに相応しい渓かもしれない。 滝メグラー的に補足すると、前鬼川は、奈良県の下北山村を貫く屈指の渓谷であり、あの不動七重の滝がかかる。 奈良県は滝王国などと言われることもあり、全国から多くの滝メグラーが訪れるが、残念なことに前鬼川は滝メグラーに相手にされることが少ない。...

北又谷

北又谷

2017年5月3日 台高 大又川 北又谷 良いところ… 大又川の北又谷は、随分前に「近畿の山 続日帰り沢登り」で知ったが、なんとなく行きそびれていて、その後出版された「秘瀑」では、あまり印象が良くない云々と書いてあり、ますます行きそびれていた。 しかしながら、この少し前に、えだ2さんが「五郷十二滝」としてアップされたレポを拝見していて、いやいやひょっとしてと、頭の中にインプットされていた。 北又谷沿いの林道に入り、最初のへアポンカーブのところに駐車し、沢に降り立つ。 最初の顕著な滝は、門を構えるゴルジュった地形の奥に落ちる滝。...

下谷探索

下谷探索

2017年5月2日 大峰 北山川 四ノ川 下谷 下谷支流 ウルトラスーパー秘瀑… GW4日目、ぐっと人数が減って、はんぺんさんとゆかちゃんと私の3人。 この日は、2016年GWの最後に、はんぺんさんと遠望した下谷の100m級大滝へ。 伝えられるところによると、大峰の代表的な渓は、一に池郷川、二に白川又川、三に前鬼川、四に四ノ川とされていて、その美しき渓には、数々の素晴らしき滝がかかるが、何れも滝メグラーには、あまり相手にされることがない。 下谷は、そんな四ノ川の右岸に入る支流。...

穏やか上谷

穏やか上谷

2017年5月1日 大峰 上多古川 上谷 思い出… ジョウカケ谷、戸倉谷に続いては上谷。 上谷も既知の谷だが、思い出の谷を辿ることに異存はなかった。 この日もお天気に恵まれて、上谷は穏やかな雰囲気に包まれた。 新緑が彩る谷を美しき水が流れ下り、そこにお日様が降り注ぐ。 心の奥まで染みた… あっきーさん、おでんさん、はんぺんさん、ゆかさん、WATAさん、どうもありがとうございました。   撮影機材 OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 M.ZUIKO...