蛇の目滝

蛇の目滝

2008年5月18日 三重県 熊野市 大又川 西谷   PENTAX K20D  smc PENTAX DA55-300mmF4-5.8ED    何年も前から憧れていた谷がある。それは、台高の南端、南紀の名渓西谷、そこには厳しい遡行が待っていた。      ...

Read More
明神滝

明神滝

2008年5月6日 奈良県 川上村 三之公川 明神谷   PENTAX K20D  smc PENTAX-DA★ 16-50mm F2.8ED AL[IF]SDM   久しぶりに家族で滝に行こうという話になり、三之公の明神滝を訪ねた。     さわやかな新緑と晴天のもと、弁当を食べたり滝壷で石をジャンプさせたりして、ゆっくりと楽しんだ。時折、鳥や蝶が飛びまわり、カエルのようなサンショウウオのような生物が清流に消えていった。   PENTAX K20D  smc PENTAX DA55-300mmF4-5.8ED   PENTAX...

Read More
白傘滝

白傘滝

2008年5月3日 奈良県 川上村 中奥川 向流谷   PENTAX K20D smc PENTAX DA12-24mmF4 ED AL[IF]   川上村の向流谷に白竜が棲むという。雨が降った翌日、白竜を捕らえるべく向流谷に向かった。     中奥川を奥に走り向流谷出合の目印の木組を探すが、よく分からない。広いスペースがあって、その近くの木の雨除けの下に機械が置いてある。その横に沢があるので「ここかなあ」と入渓した。  ...

Read More
夢幻滝

夢幻滝

2008年4月29日 三重県 大台町 大熊谷 東俣谷   Nikon D300  TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF]    夢幻滝、なんとも素敵な滝名だ。もともと無名滝だが、「ちちんぷいぷい」の番組企画で命名したという。その滝は、大熊谷の支流東俣谷にあり、下流にも60mの大滝、不動滝を懸けるという。期待に胸を膨らませ車を走らせた。    ...

Read More
向谷

向谷

2008年4月26日 奈良県 上北山村 向谷   Nikon D300  TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF]    R169、上北山村道の駅を過ぎサンギリ林道を行くと、橋の下に美しい大滝が見える。その名も無い滝は、大きくまたかなりの美瀑だ。角度を変えてよく見ると、上にも三段の滝となって流れている。滝前からの眺めはどんなに素晴らしいだろうか。林道から滝下への降下を試みた。    ...

Read More
大栃谷大滝

大栃谷大滝

2008年4月26日 奈良県 川上村 上多古川 大栃谷   Nikon D300  TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF]    その大滝は、林道の終点近く、木々の間から対岸奥に遠望できる。まだ見ぬ全貌を観に大滝に迫ってみた。    ...

Read More
鶴見緑地

鶴見緑地

2008年4月13日 花博記念公園鶴見緑地   Nikon D300  TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1    このところ、なかなか山に行く程気合いも入らず。愛犬を連れて公園に行くことが多い。     ここは、私にとって昔から馴染み深い場所で、当時は遠くからでも鶴見冨士(鶴見新山)がよく見えたものだ。花博が開催されてから花博記念公園なんて呼ばれているが、やはり鶴見緑地という名が似合うと思う。  ...

Read More
滝の谷

滝の谷

2008年3月9日 奈良県 川上村 中奥川 滝の谷   Nikon D300  TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF]   以外と寒い日が続いていたので、最後の冬景色を探しに中奥方面を目指した。前回とは違い吉野に入っても全く雪は無く、ただ寂しげな風景が続いている。この日は、気温が上がりポカポカとした陽気になってきた。  ...

Read More
琵琶の滝、中の滝

琵琶の滝、中の滝

2008年2月10日 奈良県 川上村 下多古川   Nikon D300  SIGMA APO 50-150mm F2.8 II EX DC HSM     井光川沿いの林道を下り、さて帰るかと思ったが、そうだ琵琶の滝も行けるかもと下多古に向かう。 林道に入ると、こっちの方が雪が少ないようだ。陰になっている場所には多くの雪が残っているが、慎重に通過し、結構快調に上っていく。 しかし、だんだんと雪が増えてきて、ついに轍も消えてしまう。そこからは、猛者らしき方の深い足跡が真っ白い雪の上に続いている。  ...

Read More