永遠

永遠

いちばん大切な願い 2016年が暮れようとする頃 堪えがたき哀しみに時が止まる 一歩たりとも動けない 心 とめどなく溢れゆく 涙 まだ 生きている意味があるのか 直ぐに追いかけたい 今すぐ嫁さんを追いかけてゆきたい どこかのお山に登った時 俺が逝ったら こうこうしてくれ それを聞いた 嫁さんは 怒ったように 何言うてんの 私より 先に逝ったら 許さへんで 私の方が 先やから 私こそ そうしてや 何故 そんな話になったのか 思い出せないが それは ないやろと まともに相手にしなかった あの日 あれから 幾年か経ち まさか 私より先に...

Read More
希望

希望

いちばん大切な場所 2017年  いつもと違うお正月 君と出逢って以来 慣れ親しんだはずのこの町 この町は 君の人生そのもの 道標のない地図に 二人の決意を記したのもこの町 宙に浮いたような 焦点の定まらない眺めが広がり その中を遙かなる想いが彷徨う 蘇ってくるのは どこにでもあるような ごく普通の日常 そんな いつも近くにある とびっきりの幸せに気がついていただろうか 今 何故 これを書いているのかすらわからない ありがとう だたそれだけを 伝えたい かけがえのない命を 想い続ける心 かけがえのない命を 見つめ続ける瞳...

Read More
奇跡

奇跡

いちばん大切な人 このあいだ 愛する娘と一緒にDisneyの映画「美女と野獣」を観に行った そのアニメを娘が小さいときから 家族三人で何度も見たのを思い出す 始まって間もなく 溢れ出した涙は最後までまつげを濡らし続け それが乾くことなくラストシーンを迎える もちろん 映画のように素敵なものではないかもしれないが  嫁さんと出会った頃のことが次々と頭の中を駆け巡り どうすることもできない いちばん大切な人のことをずっと想っていた 横で静かに涙を流す娘が 何を感じていたのかはわからないが また違う意味で想い続けていたのかもしれない...

Read More